Posted By admin Posted On

複数件の賃貸物件を見比べて選ぼう!建物の周囲も要確認

良し悪しが判断できるメリットも!複数件で見学をする

賃貸広告でも写真や間取り、部屋の詳細を見てたくさんの情報を得ることができますが、実際は思い描いていた物件の雰囲気とはちょっと違うと思うこともあります。また、より優良な部屋を見つけるためにも、複数件の物件を内見しておくほうがよいでしょう。賃貸広告では同じような家賃で間取りの部屋でも、あっちの部屋のほうが広く感じる、こっちの物件のほうが天井が高くて開放感があるなど、賃貸の建物により構造が違うため、間取りが似たような物件でも狭い広いと感じ方が異なります。いくつかの部屋を巡ると物件の良し悪しを感じ取れます。積極的な行動が賃貸部屋探しの成功のもとになるので、あとから後悔しないためにも、複数件の部屋の見学をしておきましょう。

周囲の環境は歩いてチェックしてみよう

賃貸部屋の良い悪いをチェックするほかにも、建物の周囲の環境も毎日の生活に影響を与えるため大切なポイントになるため、周りの様子も物件の内見の際に把握しておきましょう。部屋へ下見に行くときに車で建物まで案内されますが、その時にも周囲の環境を見ることができても、必ず車からの様子だけではなく、街を歩いて確認することが大事です。最寄り駅から住む部屋までどんなお店があるか、駅までの距離は徒歩で何分かなど、毎日その街で暮らすことを考えて歩いて確かめてみましょう。また、昼夜と時間を変えて訪れてみて、人通りや街の雰囲気、交通量などをチェックすると、ぐんとリアルな生活をイメージしやすくなり、周りの環境の良し悪しも把握できます。

釧路の賃貸は寒い地域になるので建物が防寒対策に優れている設計です。暖房器具が最初から設置されている物件も多くあります。