Posted By admin Posted On

別荘を選ぶときにはここに注目!賢い別荘地の選び方

貸別荘として利用されていた中古物件を選ぼう!

別荘を選ぶ際には、新築が理想的ですが、高額で一般的な庶民にはなかなか手が届きません。しかし、中古別荘なら、庶民でも購入可能な価格の物件がたくさんあります。中古別荘を選ぶ際には、管理が行き届いて傷みの少ない物件を購入したいものです。ある程度の経年劣化は避けられないとは言え、管理のし方によって、別荘の状態が著しく異なることは否定できません。別荘は、たまにしか訪れないために、窓の開放や清掃を怠り、建材が早く傷んでしまうことがあります。

そこで、現地の管理会社が定期的に換気や清掃を行っている物件を探すことが必要です。しかし、建物の維持管理には、年間の管理料とは別に料金が発生するので、永住者以外のオーナーが所有するほとんどの別荘は、定期的なメンテナンスが行われているとは言えないでしょう。ただし、貸別荘として他人に貸し出されている物件は、宿泊予約が入る度に換気や清掃が行われるので、メンテナンスが行き届いていると言えます。可能ならば、貸別荘として活用されていた物件を探してみましょう。

こんな別荘地なら安心!良好な別荘地の条件とは?

どんなに丁寧なメンテナンスを施しても、立地条件が悪いと、別荘の傷みを食い止めることが難しいでしょう。別荘購入の際には、別荘地の周辺環境をチェックすることが欠かせません。森林の中に広がる別荘地は、夏場に涼しく避暑地として好ましく感じられますが、湿度が高く建物にカビが生えやすいという難点があります。そこで、高原など森林に囲まれた別荘地では、ある程度枝葉が伐採されて日照が確保されているかどうかがポイントとなるでしょう。日当たりが良ければ、建物の状態が短期間で損なわれることはありません。

八ヶ岳の別荘は、周りに商業施設や公共機関などが少ないものの、普段は都会で忙しい生活を送っている現役世代の人や、落ち着いた環境で老後の生活を過ごしたい人に向いています。